乳腺外科における看護師の仕事内容について

a0002_004057

乳腺外科は女性特有のがんとして知られる乳がんの診断や治療を始めとして、乳腺の良性腫瘍や乳腺炎などの病気に対しても専門的な対応を行っている診療科目です。

その様な場所で働く看護師は基本的に女性であり、女性同士だからこその相談しやすい関係づくり等も業務の一環として求められるものであると言えるでしょう。

そのためには乳腺外科の業務についての深い知識と理解を身につけておく必要があると言えるでしょう。

看護師に求められる主な仕事内容としてはボディイメージ変容へのアドバイスやリンパ浮腫予防への対応のアドバイス、乳腺に関する診療行為の補助などが主な業務となるでしょう。

乳がんであることが判明した場合には切除などが必要になる場合もあります。

その様な女性の深い悩みに対して親身に応じることが出来るのは同じ女性である看護師に求められる役割でもあるのです。

これらの様に様々な治療や検査の場面でスムーズな治療が行えるようにサポートするのが主な仕事内容であると言えるでしょう。

乳腺外科はその診療科目が示す通り乳房に関する病気への対応に特化した診療科目です。

近年では乳がんの発生率が増加傾向にあり、乳がんで亡くなる人も少なくありません。

この様な事例を少しでも減らしていくことが出来るのがこの診療科目の特徴であると言えるでしょう。

そのため検査や治療法に関する知識は高度なものが必要になります。

専門の診療科で行う検査としてはマンモトーム生検やリンパ節生検体等いくつかの検査法がありますのでそれらに関してしっかりとした知識を持っておくことが求められます。

治療に関しても手術や放射線治療などいくつかの選択肢がありますので、それらについても深い知識を身につけておく必要があると言えるでしょう。

また医師に代わって丁寧な説明やアドバイスを行うことも求められる仕事内容の一つです。

外科的な手術によってボディバランスを崩した場合などのショックは人によっては大きく出ます。

そのためその様な戸惑いに対して適切にケアをしていく力も必要であると言えるでしょう。

この様な経験を積んでいく中で乳がんへの意識をより高めていくことが出来ます。

乳がんの早期発見のためにはセルフチェックなども有効な手段です。

その様な方法を丁寧に教えて行くのも看護師に求められている仕事内容の一つであると言えるでしょう。

他職種との連携によって治療や検査を行う専門的な診療科目ですのでしっかりと学ぶことも大切です。