内分泌科における看護師の仕事内容について

medications-342476_1280

内分泌科という診療科目は比較的珍しいものであると言えます。

一般的な内科と同じような治療も行いますが、その専門分野となるのが体の中のホルモンという物質の異常によって発生する様々な病気の診断や治療などを目的とした医療を提供しています。

このホルモンが作られるのが体の中の内分泌器官、つまり下垂体や甲状腺、副甲状腺、副腎等であり、その様な器官の異常に対しての専門性を持っている診療科目です。

内分泌科の病院は内科的な治療を根気強く続けることを重視しているケースが多いため外科的な治療が必要と判断された場合には他科への紹介を行うケースもあります。

そのため総合病院などの内分泌科の場合には他科との連携も看護師の重要な仕事内容の一つとなるでしょう。

それ以外については一般に外科的な治療は行いませんので一般的な内科で求められる看護師の業務とそれほど大きくは変わりません。

外来業務であれば医師の診療補助、介助が主な役割となりますし、入院治療を行う病院の場合には入院患者の身の回りの世話が基本的な対応となるでしょう。

内分泌科で対応している病気には視床下部の下垂体疾患である小人症、先端巨大症等がありますし、場世道病や橋本病で知られる甲状腺疾患も代表的な病気です。

その他に高カルシウム血症や骨粗しょう症についても専門です。

そして日本人にはとても身近となった糖尿病が対応している病気であると言えるでしょう。

これらの中には外科的治療や薬物療法だけでは不十分であり、生活習慣の見直しを徹底する必要があるケースも少なくありませんので、医師以外の専門職との連携も必要になってきます。

看護師の役目としてはその様な他職種の連携をサポートすることであると言えるでしょう。

なお、看護師としても専門性を高めていくことが出来る仕事内容が存在しています。

広く一般的となった糖尿病に関しては生活習慣の見直しなどの生活支援が極めて重要であり、糖尿病治療に高い専門性を持っていることを証明する糖尿病看護認定看護師という資格認定制度も存在しています。

現代社会においては特に必要とされてきている分野であるため、専門性を深めて学んで行くことが出来る診療科目であると言えるでしょう。

一方的な医療ではなく患者とのコミュニケーションにより改善させていく事が可能な疾患が多い分野であるため、非常に働きがいのある分野であると言えるでしょう。

その様な信頼関係の構築も期待されている仕事内容の一つです。