形成外科の看護師の仕事内容について

a0002_004095

形成外科は身体に生じた組織の変形や異常、または欠損などに対して様々な方法を駆使して機能や形状をより正常に美しくすることを目的とした外科系の専門領域です。

その様な形成外科で働く看護師に求められる仕事内容としては主として医師の診察の介助や検査の介助、その他には注射や採血、点滴や処置の準備などが求められると言えるでしょう。

形成外科を訪れる患者の多くは何らかの形で病巣や患部に痛みを抱えている事が殆どです。

そのため処置にも痛みを伴うことが殆どであると言えるでしょう。

そのために患者の安全確保のためには体を使ってがっしりと体を抑えて動きを抑える必要に迫られることもあります。

子供から老人まで様々な年齢層を対象に治療を行う診療科目であり、子供に対応する技術も求められます。

形成外科は外来においても緊急的な処置を行うことが少なくありません。

対応可能な範囲は医師の技能や施設の設備にもよりますが、縫合やレーザー照射、ケミカルピーリング、マイクロサージャリー等様々な処置を行うことがあります。

そのため場合によっては外来でありながら手術室看護師と同じような技量を求められるケースもあるでしょう。

その様なレベルで意思をサポートすることが求められますので、看護師にも専門性の高い知識を持つことが求められると言えるでしょう。

形成外科でも外来業務ではなく入院のある病棟勤務の場合、術前術後の管理や食事や排せつ等の日常生活の支援が主なテーマとなります。

この辺りの仕事内容は他の病棟勤務のケースとそれほど大きくは変わらないと言えますが、患者の必要としている情報の提供が出来ることや外見の変化に対する精神的なケア、そして関連する他の診療科目との調整や協力関係の構築なども看護師に求められる業務の一つとして考えられています。

この診療科目はただ単に以上や変形のある患者の身体をより正常な状態に持って行くことを目的にしているのではありません。

その様な治療によって回復した患者の生活がより機能的になり、見た目に関しても改善可能な範囲でより良くしていくことで日常生活の質の向上を目指しています。

この様な診療科目を訪れる人の場合には何らかの形で他の人からも見えやすい場所に異常や変形があり苦しんでいることがとても多くあります。

その気持ちを少しでも解消させ、日常生活の質をより良くしていくことが目標であると言えるでしょう。

看護師の仕事内容はその目的のための活動を行うことなのです。