消化器科における看護師の仕事内容について

pl-2014213760781

消化器科は厳密には消化器内科と消化器外科を指し示す言葉ですが、一般的に消化器科と言えば消化器内科のことを言います。

その名前が示す通り食べ物を食べて排泄するまでの消化器に関する病気を取り扱う診療科目であり、近年増加傾向にある消化器のがんの治療や早期発見にも積極的に活躍することが出来る診療科目として注目を浴びるようになってきています。

消化器科で取り扱う病気の中で多くなってきているのはやはりがんであり、その種類としては食道がんに始まり胃がん、小腸がん、大腸がん、すい臓がん、肝臓がん等と非常に多岐にわたります。

消化器内科に入院する場合、既に手術を済ませているか、何らかの事情で手術が出来ない場合が多くなっています。

また消化器が上手く機能しないことによって発生する問題を多く抱えているのがこの診療科目であるため、炎症や潰瘍などの器質的な疾患を抱えている人よりもむしろ機能的な障害が発生しているケースが少なくありません。

その様な特徴がある診療科目です。

そんな消化器内科で働く看護師に求められる仕事内容としては他の診療科目と同じく医師の診療の補助や検査などの介助が主な役割となります。病棟勤務の場合にはバイタルサインのチェックや点滴、検査のための採血に加えて入院患者の身の回りの世話などが主な業務になります。

そのためそれほど大きな違いは無いと言えるでしょう。

しかしながら消化器内科の看護師の仕事内容として特に多くの時間を費やすことになる業務として化学療法等の治療の補助や、内視鏡による検査や治療の補助や介助などを求められるケースが多くなるでしょう。

胃カメラや大腸カメラはそのニーズが急激に高まっている分野であるため、それを支える看護師の需要も高まるでしょう。

一般的に消化器内科では手術は行われませんので手術の介助が行われることはありません。

手術を行うのであれば消化器科でも消化器外科に入院することになりますので看護師の仕事内容も内科であるか外科であるかで少々異なってくるものがあると言えます。

いずれの診療科目であっても大切にしなければならない役割としては食事を満足にとることが出来ない患者への配慮であると言えるでしょう。

消化器に疾患を抱えていると良くて食事制限、場合によってはミキサー食や絶飲食の人もいます。

その様な生活は非常にストレスフルであり、その様な生活上の問題に対して親身に接することが出来ると言うことも消化器科で働く看護師には必要な姿勢であると言えるでしょう。