甲状腺外科で働く看護師の仕事内容とは

operation-233546_1280

甲状腺外科で勤める看護師の仕事内容について説明いたします。

甲状腺外科の勤め先は主に大きな総合病院となります。

甲状腺外科では喉もとの甲状腺の治療を行うところで、主に外科的手術を行ってます。

ここで働く看護師たちは、主に医師のサポートや患者のケアを行います。

具体的に仕事内容を記しますと、「手術の準備と補助」「検査」「患者様の管理とケア」です。

手術に必要な器具をそろえて、手術中は医師が手術しやすいように補助を行います。

検査は手術がより正確に行えるよう事前に検査をします。

ほかには、患者様の体調について観察したり、患者の不安を解消する精神的なサポートもしていきます。

働くにあたって、たくさんの勉強をしなくてはなりません。

甲状腺外科に関するさまざまな専門知識と経験が必要となります。

甲状腺の病気には他の病気の症状があらわれてくるからです。

それと手術に関する知識も必要なってきます。

これは手術は医師だけが行うだけが行うものではなく、ほかの看護師たちのサポートがあるからこそできるのです。

知識が必要となるのはこのためでもあります。

看護師にはチームワークを高める役割も担っているのです。

病院で働くには夜勤があります。

手術をするということは入院する患者様がいます。

したがって、入院患者の急変に備えて24時間体制での看護師が必要となるためです。

とても楽な仕事ではありません。

そこで求められる人材とはどんな人でしょうか。

医療現場は日々進化し続けています。

手術方法をより良いものへとかえていくからです。

この流れについていけるように、常に学んで知識を身につけていける向上心がある人だといえるでしょう。

また、患者様の僅かな変化に気づける観察力です。

体調や体温の変化など些細なことにもきづける注意力などもです。それからカンファ様の不安を取り除くことができるよう細やかな心遣いができる人です。

少しでも取り除くことができれば患者様にとってとてもうれしいことです。

それだけ患者様にとっては精神的負担は大きいのです。

それと、前向きで明るく、チームワークを高められる雰囲気作りのできる人が求められています。

手術はチームワークが大切であるためです。

チームワークを高めるということはコミュニケーション能力が高くなくてはなりません。

正確に患者様の状態を伝えることや、患者様との直接のやりとりから変化にきづくきっかけにもなります。

前述したことはこの仕事に限らずどんな仕事にもいえるでしょう。