脳神経外科における看護師の仕事内容について

a0002_010939

脳を専門分野とする診療科目には脳神経内科と脳神経外科があります。

この内脳神経内科は脳や脊髄、末梢神経などの筋の器質的な病気の治療を専門としている診療科目です。

主に脳梗塞や認知症などが対象になりますが、難病であるパーキンソン病や筋委縮症や髄膜炎、脳炎など、脳に関連する様々な病気を取り扱っています。

一方で脳神経外科は脳や神経の病気の手術を行うことを専門とする診療科目です。脳腫瘍や脳動脈瘤等の脳内の血管の異常等に対応することが出来ます。

その様な脳神経外科で働く看護師ならではの仕事内容としては、脳の外科的な治療が必要な患者に対して必要な手術を行う準備をすることが重要な仕事内容として存在しています。

実際の手術の際にも医師の補助と言う形で立ち会うこともあり、脳神経外科の看護師の重要な業務として知られています。

また手術後にも患者のケアと言う重要な仕事が待っています。

外科的な治療はどこも似たような状況がありますが、脳神経外科の治療対象となる疾患に関しては短期で治るものは少なく、長期的に病気と付き合っていく覚悟が必要になります。

そのため家族への説明であったり、患者本人との綿密なコミュニケーションによって治療を安定的に進めていくことが出来るようにサポートするのも大事な仕事になります。

この様に看護師に求められている職務としては医師のサポートの他に患者とのコミュニケーションが挙げられます。

病気の状況や治療の評価をするに当たっては最も近くで看護を行う看護師の役割が重要になってきます。

必要に応じてコミュニケーションを取ることでどんな状態にあるのかを間接的に把握し、その情報を医師を始めとする医療チームで共有するのも重要な役割です。

しかしながら脳疾患を抱える患者の中には上手にコミュニケーションを取ることもままならないケースが少なくありません。

その様な場合には非言語的なコミュニケーションにより患者の状態を知ることが出来るのが看護師の特権であると言えるでしょう。

その様なケースで洞察力を働かせて何らかの異変の発生などを的確に察知する技術が求められているのです。

この様な仕事内容はとても簡単なものではなく、経験によって身に付く一種の技術であるとも言えるでしょう。

チームで治療に当たることが多い診療科目ですので患者とも医療チームとも綿密なコミュニケーションが取れるようにチームワークを発揮させる様に行動することが重要な仕事内容になってきます。