看護師は非常に責任ある仕事です

看護師は非常に責任ある仕事です

看護師として働きたいと思っている人達が増えてきてます。

特に若いうちからキャリアを積みたいと思っている、大学を卒業したばかりの年齢のような若い世代の人が看護師を志すことが最近増えてきています。

昔から白衣の天使と呼ばれていてもてはやされていた看護師ですが、最近改めてその仕事の良さについて見直されてきています。

とにかく社会的な地位が高くて、女性であっても将来的には婦長等の責任のある立場につくことが出来るということで、キャリアウーマン志向の女性には特に人気のある職業となっているのです。

しかもお給料は普通の会社で働くオフィスレディーよりも断然良いですから、志さない理由というのが思い当たらないのです。

しかし単なるお給料の良さや憧れだけで、ナースになることを決断してしまってもそれで良いわけでは当然ありません。

もしも真剣にナースになりたいと思っているのならば、何よりもまず日々の仕事内容について知ることが大切であります。

看護師の仕事内容はとにかく身体的にもに精神的にもハードであり、それゆえ離職率も非常に高いものとなっています。

それでは具体的にどのような面がハードだと思われてしまうのでしょうか。

まずナースというのは夜勤等が頻繁にあるものであり、普通の会社のオフィスレディーとしてぬくぬくと日勤で働いた経験しかないような人の場合は、まず身体がしんどくてついていきません。

それから体力が人一倍あって夜勤が続いても疲れないという人であっても、精神的に辛い思いをすることは多々あるものです。

何故なら看護師の仕事というのはとにかく責任のある仕事だからです。

つまり人間という命と向き合う職業であるので、小さなミスも許されないからです。

もちろん普通の会社で働くに当たってもミスというのはなるべくならしない方が良いに決まっていますが、ナースとして働く場合はミスはしない方が良いどころか、絶対にしてはいけないのです。

ミスをするということイコール場合によっては患者の命にも関わってくることであるので、絶対に初歩的なミスはするべきではないのです。

このような点からナースはとても責任のある立場であると世間的に言われているのです。

なのでそのあまりにも思い責任に押しつぶされそうになってどうにもこうにも苦しくなってしまって、結局この職業を辞めてしまう人というのも大勢いるのです。

なので覚悟をもって業務に当たっていく自信がない人の場合は、最初からこの職業を志すべきではないのです。